ロスジェネ世代の下剋上

ロスジェネ世代転職歴多しのアッパーマス層サラリーマンが記すお金と教育と趣味等のブログです。

30歳超えて無職は社会のお荷物?⇒生きているだけで価値がある

人生で一度だけブラック企業をバックレ辞めしたことがあります。

30歳を超えて脱非正規になろうと、前職勤務中(超大手契約社員)に面接をして転職したのですが、従前の雇用契約と内容が全然違った。一番の問題は給料で、社保完備の20万+インセンティブだったのが、実際はナント社保なしの15万円だったのです。(怒)

 

わかりますよ、そこで抗議して、ダメなら労基署や法律事務所へ駈け込んでって・・

 

でも実際に当事者になってみるとそんなことメチャメチャ面倒臭い。まあ、会社が全然儲かってない(糞みたいな新規事業が全然軌道に乗ってない)のは明白だったし、そんなポンコツを責めるのは自分の仏心が邪魔をして抗議する気にならなかった。

 

「自分に見る目が無かった」と損切りして、立つ鳥跡をバックレて辞めました。話をするのも嫌になったからね。ま、今考えたら大人げないので謝ります。ゴメンナサイ。

 

で、30歳超えて晴れて無職になりました。

f:id:yusaku1976s:20210220094725j:plain

 

当時はホント、リーマンショックの影響もあり、日本経済は最悪で、毎年年間自殺者数3万人を続けている状況。友人も事業縮小でリストラ→再就職先するもしばらくして倒産と、30歳過ぎの無職のおっさん同士が昼間からつるんでいて、リアル負け犬の気持ちでした。

 

エントリーシートを出しても通らない、なんとか面接に行っても落ちて、苦労して下手だけどとにかく丁寧に書いた履歴書も返送されてきて、鬱気味状態に。

 

今でも覚えている。あんまり家に閉じこもっていてもいけないので、無職の友人と近くの海へ出かけ釣りをしてた時、ふと頭に「自分はここで釣りをしている。それでも働いている人がいて経済は回っている。自分は働こうとして求人に応募するも『あなたはいりません』と拒否される。ん?俺って世の中にいらない人間なんじゃない?」

 

やばい、やばい、今思い出して書いてみても、とてもとてもヤバい思考だな。これは。

 

幸いにして、自分はその後、以前契約社員で勤めていた会社の系列会社で求人があったので、何とか面接でだまくらかしてすべりこみ、しばらく生活の糧を得ることができたのですが、非常に厳しい状況でした。

 

だからわかるんですよね、つらい気持ちが。

「自分って価値ないんじゃね」と思ってしまう気持ちが。

 

納税額と公共サービス等の受益の観点から「年収○○○万円以下の人は、社会のお荷物」という説を、林修先生が紹介して炎上したことがありますが、無職でいると、そういう気持ちも湧き上がってきてしまします。

 

『人は、ただ生きているだけで価値がある』

 

最近、生活保護の問題もクローズアップされていますが、果たして、無職者も含め、これらはすべて社会のお荷物なのか?

 

それに対して、カリスマファンドマネージャーで自身の運用するひふみ投信が絶好調の藤野英人さんの著作「投資家が『お金』よりも大切にしていること」(星海社新書)にいいことが書いてあったので、紹介したいと思います。

 

赤ちゃんは自分では何もできないし、もちろん1円も稼ぐことはできませんが、立派な経済主体です。なぜなら、赤ちゃんがいることによって成り立っている会社や産業がたくさんあるからです。(略)赤ちゃん用品を生産・販売している会社は、赤ちゃんが存在しなければ成り立たない会社です。これらの会社に勤めている人は、赤ちゃんが存在しなければ給料をもらうことはできないし、そもそもその会社で働くこともできないでしょう。赤ちゃんがこの世にいることで、生活できている人はゴマンといるわけです。

(略)そはれ、赤ちゃんだけではなく、大人でも同じことです。私たちが存在するだけで、経済は動いているのです。消費活動を行っていない人は、この世にひとりも存在しません。労働(生産活動)にまったく参加していない人であっても、なんらかの消費活動をしています。(略)私たちは消費活動によって、多くの人の生活を支えているわけすね。(略)私たちが働くことにも大きな価値があるし、私たちが消費することにも同じくらい大きな価値があります。そういう意味で「人は、ただ生きているだけで価値がある」のです。 

藤野英人著「投資家が『お金』よりも大切にしていること」(星海社新書)

 

コンビニで買ったアジフライ弁当。

その代金には、コンビニ本部の利益、コンビニオーナーの利益、バイトくんの給料、アジフライの加工会社の利益、魚の卸業者の利益、漁師さんの利益、ごはんの部分にも製造業者の利益、農家の利益、弁当容器にも製造会社の利益、その他それぞれに携わった会社の利益、および社員の給料の源泉となり、その家族も支えているのです。

 

無職で失業手当、生活保護でも上等です。

 

日々消費するお金は、金額の多寡に限らす、受った人々の生活の支える血液となります。

 

「人は、ただ生きているだけで価値がある」 

 

ほんと、金言です^^